教育関連記事

2015.11.16
教育関連ニュース(11/7-11/13)

*初等教育から広く利用できるMOOC…国内外比較とまとめ(ReseMom) *朝食をとらないのは経済的な理由? 大学学生白書からわかること(Benesse) *2020年の相互留学引き上げ目標「達成できる」 ライアン国務次官補会見(産経ニュース) *【大学受験2016】京大初の特色入試に志願者なしも(ReseMom) *世界のエリートはどんな本を読んでいるの? イートン校の必読書リスト(PRESI […]

2015.11.11
寺脇先生の教育論≪寺脇研先生の教育論≫【第42回】「モンスターペアレント」という概念

 近年,「モンスターペアレント」という言葉がよく使われています。親がわが子のことを思い必死になるのは無理からぬこと。その際、思い余って度の過ぎた言動や行動に出る場面があるのも仕方がないところもあります。 一方、社会常識に欠けるクレームがあることも確かです。でもそれは学校現場に限ったことでしょうか。社会のあらゆる場所で自分勝手で理不尽な要求を言い立てる人が増えています。鉄道会社の駅職員が文句をつける […]

2015.11.07
教育関連ニュース(10/31-11/6)

*教職員定数削減「暴論だ」 中教審が緊急提言(朝日新聞DIGITAL) *“文系廃止”騒動が映す、国立大改革の性急さ(東洋経済ONLINE) *「世界で戦える日本の大学」ランキング!3位京大、2位東北大、1位は東大ではなく…(DIAMOND ONLINE) *新しい高校生の政治科目「公共」は本当に必要か? 現役高校教師の弁護士に聞いた(弁護士ドットコムNEW) *社説:高校 […]

2015.11.04
寺脇先生の教育論≪寺脇研先生の教育論≫【第41回】小学校教科書の変貌

 2011年からの学習指導要領改訂に伴い,小学校教科書が大きく変わりました。   算数なら,苦手な子どもにもよくわかるような詳細な説明があります。理科なら,家庭で親と一緒に,あるいは自分自身でもできるような形で実験が豊富に例示されています。それ以外でも,言語活動を重視したていねいな表現や他学年や他教科との関連への論及,学習内容を生活に生かす活用力を伸ばす部分など,各方面にきちんと配慮されています。 […]

2015.10.30
教育関連ニュース(10/24-10/30)

*教員の養成・採用・研修 一体的制度改革で答申素案(教育新聞) *幼小接続,教育課程編成で小学校と連携した幼稚園は5割 (リセマム) *高校生の「主権者教育」は次期指導要領の先取り‐渡辺敦司‐(Benesse教育情報サイト) *国立大学の再編,注目は人文系学部の定員削減と教職大学院の新設(Benesse教育情報ヘッドライン) *大学付属校への幻想…「のんびり6年間」とはいかない?(YOMIURI […]

2015.10.28
寺脇先生の教育論≪寺脇研先生の教育論≫【第40回】少人数学級論議について

 わたしは少人数学級礼賛論者ではありません。それは,日本における少人数学級議論が,科学的裏付けなしの情緒論でしかないからです。少人数がいいというのだったら,学級の数は何人くらいがいいのか?それぞれの教科の授業によって適正な規模があるはずです。それぞれの適正数は?といったことについてのきちんとした議論がないまま,少人数にすればするほどいいに決まっているかのような議論が支配していると感じています。   […]

2015.10.27
国立教育政策研究所の千々布 敏弥先生より、メッセージを頂戴しました。

10月24日(土)に行われた、第4回「学習する空間づくり」の基調対談ゲストとしてお越しいただいた、国立教育政策研究所教育研究情報センター総括研究官の千々布敏弥先生より、教員・教員志望の皆様に向けて色紙メッセージを頂戴しました。 聴く 共に支える 内から育つ アクティブ・ラーニングの手法をいくつかご紹介いただく中で、「聴く」ということの大切さについてお話いただきました。 「聴く⇒共に支える⇒内から育 […]

2015.10.24
教育関連ニュース(10/17-10/23)

*教職課程に「学校インターンシップ」導入へ 中教審素案(産経ニュース) *なぜ? 急増する小学校での暴力行為 斎藤剛史(産経ニュース) *(2)カウンセラーの視点活用(YOMIURI ONLINE教育) *主権者教育 縛りすぎず自由に語ろう(西日本新聞) *国立大学:33校で文系見直し 9大学で教員養成廃止(毎日新聞) *「文系」学部,26大学が見直しへ 国立大中期計画素案(朝日新聞DIGITAL […]

2015.10.17
教育関連ニュース(10/10-10/16)

*フリースクールの義務教育化,議員立法に期待 馳文科相 (朝日新聞DIGITAL) *自己肯定感の低さ,「教育再生」の推進力にも‐斎藤剛史 -(Benesse教育ニュース) *心の手当て 役割増す…保健室 (YOMIURI ONLINE) *日本の大学入試改革は,なぜ迷走するのか(東洋経済ONLINE) *海外日本人学校や補習授業校で教員不足 原因を専門家が解説(Benesse教育ニュース) *「 […]

2015.10.14
寺脇先生の教育論≪寺脇研先生の教育論≫【第39回】学習の成果を数値化できるという勘違い

学校では2002年依頼の「ゆとり教育」とレッテルを貼られた、その実は学習者本位に学ぶ喜びを追求するシステムが、ほぼ定着しつつあります。それに伴って、中学校の在り方も徐々にではあるが変わりつつあります。一方で大学は、18歳人口の減少が進むなか、それなりに自己改革しなければ生き残れない時代となっています。 その狭間にあって高校だけが20世紀と変わらない意識で過ごしているように見えます。 特に進学系高校 […]