事務局Blog
新共通テスト・国語記述式問題の導入 実現厳しい6割

大学入試センター試験に代わり,2020年度に始まる新共通テストへの記述式問題導入について,
全国の大学の約6割が実現は厳しいと考えていることが,朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく
日本の大学」で明らかになったようです。(以下,10月26日朝日新聞朝刊より抜粋)

*今回の調査は今年6~8月,全国の国公私立大746校を対象に行い,88%の654校が回答した。
*記述式実現の可能性について4段階で質問したところ,「厳しい」「かなり厳しい」は計58%。
「可能性が高い」「可能」を合わせた37%を上回った。一方で,記述性の必要については「おお
いに必要」「必要」が計59%,「あまり必要ではない」「まったく必要ではない」は計36%だっ
た。
*現行のセンター試験は入試のある全国国公立大学と私立大学の大半が利用し,約50万人が受験し
ているが,課題を残したまま記述式が導入されると利用大学が減る可能性もある。
*記述式について大学からは「採点の基準を均一化するほど記述解答である意味がなくなる」(東
京家政学院大・東京都千代田区),「短文記述の場合,要領よく書くことが要求され,表現力や思
考力は二の次になる。」(甲南大・神戸市)などの指摘があった。