事務局Blog
9/3(土)勉強会~善元先生より皆様へ投げかけ②【アクティブ・ラーニング提唱への戸惑い】

中教審より「2016.8.1審議まとめ案」が公表されました。
こちらに関して、9/3(土)勉強会のメイン講師にお招きする善元先生より、勉強会後半で議論していくにあたり
投げかけがありましたので、ぜひご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は1973年以来,東京都の公立小学校の教員として34年間勤務してきました。その間10年に一度の「学習
指導要領」に3回立ち会い,その都度教育内容が大きく変化した体験があります。
 前回(2008年)はグローバル化時代で,教育もグローバルスタンダード(国際標準)が求められ,主にPISA
の学力を中心に教育改革が推進されました。そして今回の「資質・能力論」, これは従来の学習指導要領を
根本的に変えるものだと考えています。
  今回,中教審「2016.8.1審議まとめ案」を手にしたとき,教育現場では極めて深刻な困惑や戸惑いを感じるの
ではないでしょうか。かつて教育現場にいた者の視点で私見を述べます。

 

【アクティブ・ラーニング提唱への戸惑い】

 「 アクティブ・ラーニング」はアメリカの教育方法の一つで,教員による一方向的な講義形式の教育とは
異なり,学習者の能動的な学習への参加を取り入れた教授・学習法の総称のことです。学習者が能動的に
参加し,汎用的能力の育成がされ,発見学習, 問題解決学習,体験学習,調査学習等が含まれます。1960年
代以降アメリカでは,従来型の大学教育に不適応な学生が急増し,学習方法の転換が図られました。この概
念が全面的に次期学習指導要領改訂で提示されることで,授業実践の方向が大きく規定されることになるの
ではないかと心配しています。
  能動的な学習には,「とにかく活動させればそれでよい」というのもあり,認知が知識と絡み合わないもの
もあります。「アクティブ・ラーニング」の提唱は教育現場をより良い方向というより,萎縮させかねない
のではないかと考えています。
 私は,教育行政による教育方法の言及は極力控えるべきと考えますが,皆様のお考えはいかがでしょうか。
お聞かせいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見や善元先生へのご質問がありましたら、教師力養成塾宛てにメールを戴ければと思います。

※第7回「学習する空間づくり」勉強会詳細
こちら