事務局Blog
9/3(土)勉強会~善元先生より皆様へ投げかけ① 【教育内容から教育方法への転換への戸惑い】

中教審より「2016.8.1審議まとめ案」が公表されました。
こちらに関して、9/3(土)勉強会のメイン講師にお招きする善元先生より、勉強会後半で議論していくにあたり
投げかけがありましたので、ぜひご覧下さい。

ご意見や善元先生へのご質問がありましたら、教師力養成塾宛てにメールを戴ければと思います。

※第7回「学習する空間づくり」勉強会詳細
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は1973年以来、東京都の公立小学校の教員として34年間勤務してきました。その間10年に一度の「学習指
導要領」に3回立ち会い、その都度教育内容が大きく変化した体験があります。

前回(2008年)はグローバル化時代で、教育もグローバルスタンダード(国際標準)が求められ、主にPISAの
学力を中心に教育改革が推進されました。そして今回の「資質・能力論」、 これは従来の学習指導要領を根本
的に変えるものだと考えています。

今回、中教審「2016.8.1審議まとめ案」を手にしたとき、教育現場では極めて深刻な困惑や戸惑いを感じるの
ではないでしょうか。かつて教育現場にいた者の視点で私見を述べます。


【教育内容から教育方法への転換への戸惑い】
 今回の改定では教育内容の大幅な変更もありますが、ここでは割愛します。まとめ案では「目指すのは子ども
の学習過程を質的に高めること」となっており、各教科で「学習過程の例」が示されています。

私は教育方法に言及している点に戸惑いを感じます。 教師の本分は授業つくりにあると私は思っています。今
回の素案は学習過程の例示がなされており、国が授業つくりを示しているのです。教育現場では実に様々な子ど
もたちがおり、そこから教師と子供たちの授業つくりが始まります。ここに教育の醍醐味があるのです。

 私たちは国に授業つくりを望むものではありません。国が急務としておこなわなければならないのは、よりよ
い教育実践を阻むものを取り除くこと・教員や子どもたちをとりまく環境を整備することではないでしょうか。
国は現在の教員を悩ませる多忙さを少しでも解消すれば、教師は生き生きと授業つくりにまい進できるはずです。

学習指導要領の本文の記入は極力抑えるべきと考えますが、皆様のお考えはいかがでしょうか。お聞かせいただ
ければ幸いです。