事務局Blog
東京都立忍岡高等学校で校内研修を担当しました

12月2日(水),東京都立忍岡高等学校の校内研修会を担当させていただきました。
「生徒の学習意欲を引き出す授業づくり」をテーマに約40名の先生方と「授業の基本について」共に学んで
まいりました。

研修会では,教師力養成塾e-講座の課題映像を見ていただきながら,「授業開始時3分間の重要性」について
講義の後,若手の2人の先生に模擬授業を行っていただきました。
「挨拶をする,号令をかける,出欠確認をする,授業の導入の話をする,日付と単元名,授業のねらいを
板書する」一連の流れを,実践していただきました。

他の先生方には,生徒の視点から模擬授業を観察していただき,「よかったところ,改善するとよいところを
書き出す(Think)」⇒「自身の気づきについてまずは隣の人とペアで共有する(Pair)」⇒「5~6名のグ
ループで互いの気づきを共有・整理する(Share)」ワークを行いました。


《参加者の声》
*「自分を振り返って授業の在り方を考える機会になったと思います。この研修で得たヒントを生かし,これか
 らの授業改善につなげられるよう頑張りたいです。」
*「元気が重要ということに気付けました。より良い授業をつくる参考にしたいと思います。」

*岡島校長先生「よりよい授業とは何かを考えるきっかけになりました。」
*山崎副校長先生「教員に授業改善について考えてもらうよい機会となりました。」


教師として生徒とどのように向き合うか,生徒の視点から自らの振る舞いを見直してみるとどうなるか,先生
一人ひとりが大切にされていることが,よりよい形で生徒に「伝える」から「伝わる」へと変わるきっかけに
なったとしたら,幸いです。

これからも先生方の授業力向上につながる研修を提供してまいります。

(教師力養成塾事務局 石原)

P1020516-2

2模擬授業