事務局Blog
e-講座受講者からのご意見④

これまでe-講座を受講された方からのご意見をいくつか取り上げご紹介させていただきましたが、今回は視点を少し変えて、若手の先生方にe-講座の受講を指示された管理職の先生方からのご意見やご感想をいくつかご紹介いたします。

 

・e-講座の視聴により自己の課題を指示の出し方にあると自覚できたことは何よりの成果である。発問や指示の内容、出し方を考えることが児童の理解につながることを自覚し、授業の組み立てや流し方など教材研究の仕方が随分と向上した。(公立小学校校長)

・e-講座のスクーリングで自らの課題を認識したようで、それを改善していこうという姿勢が見られた。授業の指導でわからないことは副校長に積極的に助言を受け自らの課題解決に努めるようになった。(公立中学校校長)

・「新しい学力」をいかに育むのか、そのために養うべきは「生徒の意欲・態度」であり、その一助に「学習する空間づくり」が役立ちました。また、若手へのこうした取り組みを進めることで、ベテランがもう一度自らを振り返るきっかけにもなりました。(公立高校校長)

 

e-講座では「課題映像」として、課題のある授業のシチュエーションをいくつもご用意しております。その映像と自分自身の授業を重ねることで、若手の先生方がご自身の課題を発見・自覚できるのではないでしょうか。

その課題の解決方法としてe-講座の「解説映像(模範例)」を参考に授業で実践されたり、「スクーリング」に参加されたり、あるいは、先輩の先生方から直接助言を受けたりされているようです。

 

e-講座ご活用の際の参考としていただければ幸いです。

 

(過去に取り上げたご意見はHPの事務局Blogのバックナンバーをご参照ください。)

e-講座受講者からのご意見③

e-講座受講者からのご意見②

e-講座受講者からのご意見①