事務局Blog
社長、限界でしょ

タイトルは先日読んだ本(『はじめて講師を頼まれたら読む本』著者:大谷由里子)の中で紹介されていたフレーズです。インターネットで検索したら多くの記事でこのフレーズが使われていましたので、知っている方もいるかもしれません。「社長、限界でしょ」というのは語呂あわせで、クレーム対応手順の頭文字を取って覚えやすくしているものです。


社・・・「謝罪」→まず謝る。相手の話をよく聞く。
長・・・「調査」→事実確認と報告をする。
限・・・「原因」→原因を追究する。
界・・・「改善」→再発防止案を考え、実行する。
しょ・・「処分」→責任を取る。


クレームの時こそ誠実な対応をして、相手との信頼関係をより高められるような人間になりたいと思いました。

e-講座のスキルアップ講座の保護者対応編では、保護者からのご相談やご意見を聴き、信頼を得るための対応方法などをご紹介しています。e-講座で授業技術を学ばれた先生方も、より保護者との連携を深め、学習効果を高めるために、ぜひスキルアップ講座もご活用ください。

(事務局 加藤)