事務局Blog
e-講座受講者からのご意見②

以前にe-講座受講者から、「単指示」の出し方やタイミング、「単指示」を出した後にどのくらい待てばよいか等、
「単指示」に関するご意見を取り上げさせていただきました。

今回は、「e-講座の活用」に関するご意見を取り上げてみます。

「小学校の場合は先生が常に教室の中にいるので、映像のように入室時の挨拶ができない」
「号令の挨拶は先生ではなく生徒にさせている」
「レベルの高いクラスなので、単指示でなくても指示が通る」

このように、実際は映像通りにはできないというご意見がございました。

事例映像では、中学校1年生の数学を想定しています。
あくまで各所属校の教育理念や教育方針を土台にしていただき、
e-講座が提供する「学習する空間づくり」のノウハウで、
取り入れられる部分を是非取り入れていただければと思います。
その上で、先生方の担当科目や学年の特性に応じて、
挨拶の仕方や板書の書き方、指示の出し方等をアレンジしてご活用いただければ幸いです。

スクーリングに参加をして不安や疑問を解決するのもひとつの手です。
e-講座を授業力向上のためのツールとして、今後ともご活用いただきますようよろしくお願いします。

(教師力養成塾事務局 加藤)