事務局Blog
実は在来線!「ミニ」新幹線とは

先週妹を連れて大阪に旅行に行ってきました。

当日朝は4時起き、翌日帰宅したのは日付変更線をまたぐ弾丸ツアーでしたが、

某テーマパーク、水族館、大阪グルメと、大阪を堪能してきました。

 attachment01 

東京から大阪まで、新幹線で2時間半。朝7時の新幹線に乗ると9時半には大阪に到着!

新幹線って便利ですね。笑。

 

実際に乗って、改めて新幹線の利便性を実感したので、少し調べてみました。

 

新幹線とは本来、「新」幹線鉄道(従来の幹線鉄道に対する「新しい幹線鉄道」)という語の略称と考えられているそうですが、今では「新幹線」という略称が定着しています。

新幹線はその大部分の区間を200km以上で運行するようで、私の乗った東海道新幹線も、270km程の速度がでていたようです。

 

しかし「新幹線」と一般的に呼ばれている路線の中でも、実は法的には在来線である線路があることをご存じでしょうか。

秋田新幹線・山形新幹線、これらの新幹線は在来線を改軌した上で新幹線路線と直通運転(新在直通運転)できるようにした「ミニ」新幹線。

ミニ新幹線の建設コストは下がりますが、在来線扱いなので、速度は在来線のうち高規格な一部路線と同じ130km程度だそうです。

 

2014年には北陸新幹線の長野以西も開業予定で、益々便利になりますね。

来年は北陸新幹線を使って、金沢まで旅行に行くことを計画中です。

 

(川上)